ロレックスの魅力

とにかくかっこいいロレックス。ファンを虜にしてやまないこの商品の魅力ついて説明します。 一般的に高級時計の代名詞として挙げられるロレックス(ROLEX)ですが、 一体全体どうしてその様に高い評価を得ているのでしょうか。 ロレックスの魅力について語るには、まず1905年のロンドンまでさかのぼってみましょう。 1905年、ロレックスの創始者であるハンスウィルスドルフ氏は、イギリスのロンドンにウィルスドルフ&デイビス社を創設して、 それから3年後の1908年に「ロレックス」ブランドを創設しました。この当時、イギリスで主に用いられていた時計のタイプは懐中時計でした。しかしロレックス創始者、ハンスウィルスドルフ氏は利便性や精度、強度にこだわった時計である『腕時計』に早いうちから目をつけて製造に取り掛かりました。月日が経ち1920年、ロレックスと同じく時計メーカーであるオイスター社が開発しそれまでの腕時計と比較して防水性が格段に高くなった「オイスターケース」を実用化したことで知られ、さらに自動巻き機構である 「パーペチュアル機構」、日付が午前零時ごろに即座に進んでくれる「デイトジャスト機構」を次々と発明することに成功し、腕時計で初めてクロノメーターの認定を受けるなど、実用的な機械式腕時計メーカーとして不動の地位を築き、今日に至っています。 ちなみにクロノメーターとは、一般にスイスクロノメーター検定協会、通称COSCによる検定に合格した高精度の機械式時計のことを指します。長年に渡る研究・開発で培われ、今もなお衰えることのない技術がロレックスの高級性の源と言えますね。ちなみに、フランクミュラーの人気も根強いようです。時計をお探しの時は是非見てみて下さい。

ロレックス、その品質の高さ

現在でこそ殆ど当たり前の様に搭載されている腕時計の防水機能ですが、1920年代にオイスターケースの使用により強力な防水性能を手に入れたロレックスは、その当時の他ブランドよりも技術が進んでいたと言えるでしょう。このオイスターケースを使用することにより内部の時計機構、ムーブメントの劣化が格段に防げるようになったのです。 またロレックスは、スイスの時計メーカーの中でも数少ない自社製ムーブメントを搭載しているメーカーとなっています。

ロレックス、そのリセールバリューの高さ

腕時計を買取りに出した場合、ロレックスの程、高額で買取られる時計は他にはないと言っても過言ではありません。例えばデイトナRef.116520に至っては定価が80万円であるのに対し、ロレックスは中古の品だとしても、その品のコンディションが良い物であれば90万円以上の買取り価格が付く場合もあるのです。中古でもプレミアが付いてしまうのはロレックスならではでしょう。

ロレックス、そのメンテナンスの手軽さ

高級腕時計のイメージで言えば、一般的には本体にかかるお金だけでなくメンテナンスへの費用に関しても高額だと感じている方も 多いと思います。しかしロレックスの場合、オーバーホールにかかる基本料金はスタンダードな物で3万円程度です。その他、消耗部品代が発生する場合がありますが、だいたいの修理・メンテナンスにかかる費用の相場は2〜3万円程度となっています。 内部機構の部品も手配しやすく、壊れても修理することが出来る職人の数が多いので安心して使用出来ます。 ロレックスを使用する場合、目安として約4〜5年に一度の割合でオーバーホールするのが好ましいとされており、オーバーホールを行うことで再び新品のような感覚で使用できます。4〜5年で3万円と考えれば、年間にかかるメンテナンス代は6〜7千円程度となるので、経済的と言えます。

ロレックス、そのデザインの普遍性

ロレックスは他の時計メーカーですら真似してしまう程の普遍性があるデザインとなっており、 長年に渡って使用しても飽きが来ないというポイントが魅力の一つとして知られています。 ロレックスの代表的なモデル、サブマリーナーに関して言えば過去数十年間に渡って大きなデザインの変更を殆ど行ってないという事実があります。またサブマリーナーは、その他多くのダイバーズウォッチの手本になるほどのデザインとなっています。

ロレックス、知名度の高さ

ロレックスの知名度と言えば説明するまでもないほど有名な腕時計。他のどんな時計ブランドよりも知名度が高く、所有している喜びを味わえます。ロレックスがここまでの知名度を得ることができたのも、上記で述べてきた確かな品質の裏付けが有る故に他なりません。

Favorite

クライアント第一の株式会社PROWALK

Last update:2017/7/31

Copyright(C) 2008 Sitiya@Recommend. All Rights Reserved.