ロレックスの買取

成功を収めた人が身につけたりする高級腕時計・・・。高級腕時計と言えばロレックスやオメガが有名ですが、人気のある品ほど新しいバージョンがリリースされて折角高いお金を出して買ってもすぐに型落ち・・・ということがあります。そこで役立つのが質屋。型落ちしたとしてもブランドとしての価値が高いロレックスやオメガは高値で買い取って貰える可能性が高い品です。このページでは主にロレックスを例に挙げた高級腕時計の査定基準について解説します。フランクミュラーやブライトリングをお持ちの方も査定の参考にしてみてください。

質屋における時計の査定

時計は大変趣味性が高い品物となっており、定価そのものよりもそのメーカーブランドやモデルバージョンによって 大きく値段が変動する品です。輸入腕時計で現在人気があるのは ドレスウォッチよりもスポーツウォッチタイプで、特にダイバータイプの時計やクロノグラフ機構の付いたメカニカルなものが人気があります。カルティエやブルガリ、オメガやIWCなど各ブランドはマニアが唸らせ、喉から手が出るほど欲しがるような個性的で魅力的な時計が揃っているのですが、これらブランド腕時計の中でも一番人気なものはやはりロレックスです。 ロレックスは高品質ゆえに高価格、ブランドにまつわる逸話どれをとっても人気の出るのは至極当然と言える品です。しかしシリアルナンバーで各ロレックス時計の製造年度が簡単に判別することができるので、いくらロレックスと言えども古いタイプ・バージョンのものだとそれなりに値段も落ちてしまいます。ブランド時計の中でもロレックスと違って逆に人気が下降気味なものはコルム、ダンヒル。これら両ブランドは定価に比べて相場が安い時計があります。特にダンヒル、ロンジンなどのメーカーは定価の設定に疑問が出るような品も数多く存在します。質屋で買い取ってくれる腕時計はブランドものに限りませんが、無名のファッションウォッチを買い取ってもらおうとしても、高級ブランドと違って査定する基準・規定が買い取る店によってまちまちなので、中には全く値段がつけようがないものもありますので注意が必要です。 一般的に、質屋における時計全般の査定するポイントは以下のようになっています。
  • 外部ガラス・ブレス部分のキズや汚れ、内部文字盤の焼け具合
  • 時計内部の機構が正常に動作しているか
  • 購入の際に腕周りのサイズ調整したベルトの余りコマの有無
  • 内箱・外箱・保証書・説明書などの付属品が揃っているか
  • オーバーホールを行っているかどうか
上記に挙げたポイントの中でも特に「購入の際に腕周りのサイズ調整したベルトの余りコマの有無」は非常に重要なので覚えておきましょう。購入者にサイズをアジャストされてしまっている場合、調整した際の余りコマがないと再度その品を購入する人にサイズを合わせることができず、購入者のサイズを限定してしまうので好ましくありません。これがないといくら高級ブランド時計と言えども破格の値段で買い取られてしまいます。余りコマの他に注意する点としては、腕時計を購入した時点で付属している品の有り無しによって査定額が変わる点です。一度購入した腕時計はブランド物に限らず説明書・証明書・保証書・箱・袋など一式全て失くさずに保管しておくことをオススメします。これら付属品以外でも、成長と共にベルト部分のリサイズや内部ムーブメントの調整・パーツの交換など、オーバーホールを行った場合は、オーバーホールの明細書も揃えておくと高値で買い取って貰える場合もあります。

Favorite

札幌 脱毛サロン

2017/11/13 更新

Copyright(C) 2008 Sitiya@Recommend. All Rights Reserved.